ペニス増大の為に手術は安全?失敗事例を探した結果、衝撃の事実が

ペニス増大手術,失敗,成功,費用

 

ペニスを本気で大きくしたいと考えた時、手術も一つの選択肢として考えると思います
ペニス増大サプリ、チントレ、増大手術の3つの増大方法の中で最も即効性があって確実に大きく出来るのはやはり手術です

 

私は増大手術を受けずに増大サプリを使用しましたが、その際に徹底的にリサーチしたペニス増大手術のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います
ペニス増大サプリか手術かの2択で増大を考えている方は参考にしてみてください

 

3ヶ月増大サプリを使用した体験レビューはこちらでどうぞ

ペニス増大手術の種類とかかる費用

 

ペニスを大きくする為の手術方法はクリニック等によってかなりの種類があり、費用に関しても統一されている物ではありません
最も簡単な増大注射などは3万円~程度で行う事が出来ますし、実際にメスを入れて行う手術は40万円ほどかかる場合もあります
ただ、ヒアルロン酸やコラーゲンを注射で打ち込み大きく見せるタイプの安い物は一時的な効果で徐々に成分が体に吸収されるのでパッと見は安いのですが、継続的に費用がかかるので結局お金がかなり掛ってしまいますし、主に亀頭を置きくさせる為に使用されるのでペニスを長くしたいと言う方には向きません

 

そうなってくるとやはり30万円程度はペニスを長く大きくする為には必要になると考えておいた方が良いですね
当然、保険適応外ですので全て実費で払う必要があります

 

ペニス増大手術は2つの目的がある

ペニス増大手術の目的は主に2つ

  • ペニスを長くする為(陰茎を伸ばす)
  • ペニスを太くする為(陰茎、亀頭を太く)

当然、両方受ける人もいるかと思いますし、100万円以上かけてペニス全体を増大させようとする方も少なくありません

 

ペニスを長くする為の主な手術方法

  • 埋没陰茎牽引術(10万円~)
  • 脂肪吸引長茎術(30万円~)
  • 剥離法長茎術(20万円~)

 

ペニスを長くする為の手術の総称を長茎術(ちょうけいじゅつ)と言います
名前の通り陰茎部分を長くする為の手術の事で、メスを入れない方法もあり、10万円前後から受ける事が出来る手軽な方法です

 

仕組みとしては体内に埋もれている海綿体細胞を引っ張り出して長くします
メスを入れない方法は単純にペニスを引っ張った状態で医療用のナイロン糸で固定する方法で埋没陰茎牽引術と呼ばれます
メスを入れる方法はワナ靭帯と呼ばれるペニスと恥骨をつなぐワナ靭帯を一時的に切る方法で剥離法長茎術と呼ばれます
※クリニックによっては同じ方法でも呼び方が違う場合があります※

 

1~5㎝すぐにペニスが大きくなりますし、切らない方法の場合は日帰りで受ける事も出来ます

 

また、他には肥満が原因でペニスが短くなっている方の為の脂肪吸引長茎術と呼ばれる手術方法もあります
当然肥満体質の方のみが対象なのですが、脂肪によって埋もれているペニスの根本上部の脂肪を除去する事でお腹に埋もれているペニスを引き出すというものです
この手術はペニスが長くなると言うよりか、長く見える様になると言う事です

 

個人的には単純にダイエットすればいいのでは?と思うのですが、太りやすいた体質を持っている人にとっては一石二鳥だと思います

 

ペニスを太くする為の主な手術方法

  • 【体内吸収タイプ】ヒアルロン酸、コラーゲン注射(1本4万円~)
  • 【持続タイプ】アクアミド注射(1本7万円~)
  • 【半永久タイプ】リパス増大注射(40万円~)

ペニスの陰茎や亀頭、カリを太くしたいと言う方は主に液剤を注射して増大だせるタイプがあります

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなど時間が経つと体内に吸収されてしまうタイプの注射は一見安く手軽に見えますが、結局継続して打ち続ける必要があります
持続するタイプも同じでずっと、大きい状態をキープできるワケではありません

 

また、韓国発のペニス増大手術であるリパス増大注射法は他の注射剤とちがい、半永久的に効果が残ると言われる方法です
ただ、その分手術費用が40万円以上とかなり高額になります
リパス増大注射は太さだけでなく陰茎の長さも長くなる場合もありますので人気はありますが、誰もが手軽に出来る方法ではありませんね

ペニス増大手術は安全?失敗事例は無いの?

 

ペニス増大手術は無料で出来るチントレやペニス増大サプリと比べると短期間で確実にペニスを大きくする事が出来ます
また、口コミや実績を見て有名なクリニックの多くは安全だと言えます

 

ただ
『本当に体に害はないの?』
『失敗したらどうなるの?』
『違和感とかないの?』
『増大手術を受けると遅漏になったり感度が悪くならないの?』

と言った不安はぬぐえませんよね

 

正直、私は術後のリスクが怖くて踏みきることが出来なかった人間です
もちろん、ペニス増大サプリでダメだったら検討したとは思いますが、色々失敗事例やリスクを考えると手術は本当に最終手段だなと思うんです

 

ペニス増大手術の医療事故に関するニュース

手術となると気になるがやはり失敗した時の事
調べているとこんなニュースがありました

 

原告代理人弁護士は力を込めて語った。男性器増大の手術の失敗により男性器の大部分が壊(え)死(し)、排尿などが困難になったとして、50代の男性が千葉県船橋市内の美容整形クリニックと運営する医療法人社団を相手取り損害賠償を求めて千葉地裁に提訴した裁判。賠償請求額約2億4000万円という損害は、単に性的不能になっとなった精神的な苦痛によるものではなく、綿密に逸失利益を積み上げたものだった
男性は平成27年10月27日に、過去に受けた手術による男性器の変形の修正及び、「フィラー」とよばれる充(じゅう)填(てん)物を注射する手術を受けた。近年、失敗した手術例も指摘されているが、手術前に医師から危険性についての説明はなかったとしている。
同クリニックのホームページには、男性の受けた手術法について「注射だけの安全性の高い治療」「簡単・手軽に陰茎増大と長茎が可能」などのメリットについての記載が大部分を占め、リスクについては「まれに内出血は現れます(内出血はいずれ消えます)」などと書くのみで、壊死の可能性についての記載は確認できなかった。

引用元:増大のはずが…シンボル壊死でクリニック提訴「仕事への意欲喪失」【産経ニュース】

 

 

ただただ、怖すぎます…

 

フィラーは米国製のカルシウムハイドロキシアパタイト剤の事で歯の主成分と同じ微細粒子をジェル状にしたもの
ペニス増大手術以外にもプチ整形などでよく利用される充填剤です

 

 

怖がらせるつもりは無いが100%確実とは言えない

私も悩んでいた事なので皆さんを怖がらせるつもりは全くありません

 

ただ、このほかにも

  • ペニスが変形してしまった
  • 勃ちが悪くなった
  • 異物が入っている感覚があり、感度が悪くなった

と言った口コミは結構みましたのでどうしても私は手術に踏み切る事が出来なかったんです

 

当然、どんな手術でも100%成功しますと言う事は無いのかもしれませんが、もしを考えると手術はやはり最終手段かなと思います
ニュースを見ると男性は

過去に受けた手術による男性器の変形の修正及び、「フィラー」とよばれる充(じゅう)填(てん)物を注射する手術を受けた。

とあり、過去に受けた手術が失敗であった事も分かっています

 

本当にかわいそうとしか言えませんよね
自分事だと考えるとゾッとします
50代と言う事もあってお子さんなどはいらっしゃるのかもしれませんが、若い世代でまだ子供がいないとなると考える事すら怖いです

 

私もまだ子供がいないのでやはり手術はないなと思ったニュースでした

 

即効果が出るが値段の割に合わない

ペニス増大手術は失敗の恐れもありますが、成功したとしても費用対効果が悪いと思う面もあります

 

安全度が非常に高いヒアルロン酸やコラーゲン注射は約半年ほどで体内に吸収されてペニスが元のサイズに戻ってしまうそうです
体質によってはもう少し長く持つ人もいればすぐに効果が切れてしまう場合もあると思います
また、注射は内出血などで腫れるリスクもありますので一回の値段は安く見えても非常に費用対効果やリスクが高いと言えます

 

また、持続するタイプの注射に使用されるアクアミドなどは早漏治療に使用されるため、ペニスの感度が悪くなります
遅漏の方は余計に遅漏になる可能性がありますのでそういった注意も必要です

 

もちろん、カウンセリング時点で医師と相談するのでよほどの事がないと間違えてなんてことはないと思いますが

ペニス増大手術まとめ

 

簡単にではありますが、ペニス増大手術についてまとめてみました
手術は他の増大方法を全て試してどうしてもダメだった時の最終手段
と言うのが私の出した答えです

 

ペニスの様なデリケートな部分の手術はちょっと失敗したで済まされません
やはり、増大サプリの様に少し時間がかかってもリスクがほとんどなく、手術よりも安く増大出来るサプリがお勧めだと思います
サプリ+チントレが現実的に安全に出来るペニス増大方法です

 

もし、それでも手術を検討されると言う方は1つのクリニックだけを受診せずにセカンド、サードオピニオンを聞いてからじっくり検討する様にして下さい